お知らせリブラスホームの家づくりマイホームができるまで家づくりQ&Aモデルハウスのご案内お客様VOICE

家づくりQ&A

リブラスホームについて
資金計画について
構造・設計・プランニングについて
土地について
保証・サービスについて

リブラスホームについて

Q. リブラスホームはどんな会社ですか?

A. 私たちリブラスホームは、2015年4月に岡山に本部をおくイシンホーム(株)のフランチャイズに福岡大野城店として正規加盟いたしました。
『 “家族の幸せから逆算した家づくり” に徹底的にこだわり、夢のあるマイホームを叶える。 』
を企業理念にかかげ、「生活」「環境」「家計」の3つの視点から、子育て世代・共働き世代のご家族毎日の暮らしが豊かになるライフスタイルの実現をサポートしたい、という想いで家づくりを行って参ります。

Q. イシンホームとはどんなフランチャイズチェーンですか?

A. 1995年の阪神大震災の際に、被災地で出会ったボランティア仲間が中心となり、1997年に住宅フランチャイズ(FC)事業を開始。

2001年にはFC加盟店数100店舗突破し、2007年より加盟各社の強みを活かし、お客様のニーズに合った商品開発、目的追求型の集団である事をわかりやすく伝えるため「イシンホーム住宅研究会」に名称変更しました。

現在イシンホーム住宅研究会では、家造りを天職とする日本全国約230社が参加する真面目な家づくり研究ネットワークとなっています。

Q. リブラスホームの特徴は何ですか?

A. 一言でいうと、「家族の幸せから逆算して家づくりを行う」ということです。
家族が幸せに暮らしていくために必要な「生活」「環境」「家計」の3つの視点から、家事の時間を1/2に短縮する設計や、日々の「生活」の中で家族が向き合える時間を増やす工夫、高性能な構造体や建材・システムなどを採用することで、大切な家族の健康を守る「環境」をつくります。さらに充実の標準装備と、光熱費を節約できる優れた工法で、将来の「家計」を助ける住宅を提供しています。

Q. なぜ、他社と比べて高品質・高性能な家が低価格で提供できるのですか?

A. 一言でいうと、「お客様にとって不必要なことを徹底的に省き、本来あるべきコストで提供しているから」です。

イシンホーム住宅研究会本部が商品開発チームを結成し、自社で開発した設計・施工のノウハウを加盟店に提供するとともに、優れた技術をもつ専門のメーカーから資材を一括購入することで、購入にかかるコストを下げることができています。

また、自社工場を持たないファブレス経営で製品の企画や設計、マーケティングなどのみを行い、設備投資や設備維持などのコストも削減し、さらに工場や支店、莫大な広告宣伝費、必要以上の営業マンの人件費など、お客様にとっては直接関係のない経費を大幅にカットすることで、高品質・高性能な家を低価格で提供できるようにしています。

Q. 以前住宅展示場を見学した後、度重なる電話・訪問を受けました。御社も同じですか?

A. 資料をご請求いただいたり、展示場へご来場いただいたお客様には、ご確認のため電話やメールでご連絡させていただくことはございますが、お客様の意思を無視した度重なる電話やご訪問をすることは一切ございません。

リブラスホームでは、私たちが提供する家づくりに興味をもっていただいたお客様と共に夢のマイホームを築き上げていきたいと考えていますので、万が一嫌な思いをされるようなことがあったり、以降のご連絡が不要な方はお申し付けください。

資金計画について

Q. どのくらいの資金があれば建てられますか?

A. お客様の自己資金やご親族からの援助(贈与)、勤務先、勤続年数、年収などの諸条件により借入可能額は変わりますし、既存の借入(カーローン等)などがある場合はそれらも考慮され、借入可能額が決まります。

お手持の資金が無い場合でも、借入を申込む金融機関の必要条件を満たしていれば、建築資金の多くを融資で賄うことも可能です。

また、土地から購入される場合でも、条件によっては可能な場合もございますので、一度ご相談下さい。

Q. 家を建てると税金が返ってくるのですか?

A. 住宅ローンを利用して建築した場合、住宅ローン残高の一定の割合(1%)を所得税、住民税から減税する制度がございます。この制度は、消費税の引上げに伴い最大控除額が引上げられております。一般住宅の場合、10年間で最大400万円控除されます。

※長期優良住宅や低炭素住宅は年末ローン残高上限が5,000万円、10年間で最大500万円が控除されることになっております。

Q. 建物本体価格以外にどんな費用が必要になりますか?

A. その他に付帯工事、火災保険料、ローン保証料、登記費用などが別途必要です。
建築地の状況によっては地盤調査費用や地盤改良工事費用、屋外電気配線工事や下水道接続工事費用、外構工事や土地購入に関わる費用など、別途必要な場合がございます。
詳しくは、一度ご相談下さい。

構造・設計・プランニングについて

Q. リブラスホームの家の構造は何ですか?

A. 木造軸組み工法です。日本に古くから伝わる建築工法で、高温多湿の日本の気候風土によく馴染み、家屋にかかる様々な力を上手く分散させて支えるため、地震にもつよく、広くて開放的なプランの実現も可能な工法です。仕上がりには熟練した職人の技術が必要なため、リブラスホームが得意とする工法でもあります。

Q. 建物の強度は大丈夫ですか?

A. リブラスホームの家は、設備・仕様の充実はもちろん、構造や断熱等の見えない部分にも力を入れています。

壁倍率3.0倍のエコ気密パネルを使用した多面体で耐力を高め、材料と材料との接合部に用いる専用の金物を使用することで、横の圧力やねじれにも対抗しているため、優れた耐震性を確立しています。

Q. 「HEIG自由設計」とはどんな自由設計ですか?

A. 「HEIG自由設計」は、お客様の不安や悩みを解決するため、経済的知識、教育など 様々な面から考える間取りプランです。

これまでのデザイン住宅は、どちらかというと設計事務所的な外観デザインと間取りが中心でしたが、年代別・職業別、暮らし方は千差万別。お客様のニーズによって優先順位を設計。経済的知識・教育などの不安や悩みを解決するために、考え抜かれた間取りプランです。

「省エネ設計・補助金設計」「夢と理想のアイデアル設計」「外観・インテリア」、「健康住宅設計」など多岐にわたる設計を自由に選ぶ事ができ、より理想のマイホームを設計することができます。

土地について

Q. 土地がなくても大丈夫ですか?

A. リブラスホームでは、地域の情報に精通した不動産業者と連携し、お客様ご希望の土地をお探しすることが可能です。土地をお持ちでない方もお気軽にご相談ください。

保証・サービスについて

Q. どんな保証のシステムがありますか?

A. 弊社では、「建てる前の安心=地盤保証システム」「建てている間の安心=完成引渡保証システム」、そして「建てた後の安心=瑕疵保証システム」の一貫した保証体制により、お客様の暮らしを見守り続けます。 少しの負担で大きな安心を手に入れることができます。

また、火災保険に加えて、オプションで35年の建物付属機械設備等電気的・機械的事故保証特約に契約すると、契約継続期間に太陽光発電やエアコン、給湯器、照明設備など建物に付属する機械設備が故障した場合、その修理にかかる費用(損害額)を保険でカバーすることができます。
特に太陽光発電住宅など高機能なスマートハウスに最適な補償です。

リブラス メルマガ会員募集 商品ラインナップ
リブラスの家ラボ スタッフブログ イシンホーム住宅研究会

ページトップへ